オフライン・オンライン双方向に対応するメディアパフォーマンス等の表現構築
「border 2021」

 ダンスカンパニーELEVENPLAY、振付演出のMIKIKO、真鍋大度・石橋素率いるライゾマティクス・リサーチ等が2015年の作品『border』での試みを発展・アップデートさせ、COVID19以降の鑑賞環境、オンライン/オフライン双方対応の表現モデルを構築します。

オフラインの会場ステージでは、ソーシャルディスタンスに対応する鑑賞環境を構築し、モビリティ技術、ミクスド・リアリティ技術を援用した演出のダンスパフォーマンスを複数の視点により鑑賞。

オンラインからも鑑賞を可能とする等、キャパシティの制限のない鑑賞アクセス等を実装し、新しい収益力を構築します。

《開催日程》
2021年2月13日(土)・14日(日)

《会場》
スパイラルホールおよび特設オンライン会場

《詳細》 ※下記公式サイトをご覧下さい
「border 2021」公式サイト:https://border.dance

《パートナー》
株式会社ライゾマティクス

ステージ演出・振付:MIKIKO
演出技術開発・映像制作:ライゾマティクス
出演:ELEVENPLAY
音楽:evala
照明デザイン:Takayuki Fujimoto